浴室にカビを発生させない日々のお手入れ方法

定期的なお手入れが重要なカギ

人間の皮脂が原因になる

湿気が原因で、カビが発生すると思っている人が多いでしょう。
しかし、人間の皮脂もカビの原因になることを忘れないでください。
お風呂に入った後は、浴室に皮脂が溜まっています。
それを放置すると、すぐにカビが繁殖するので気をつけてください。
家族全員がお風呂を済ませたら、浴室を洗ってください。
すると、皮脂がこびり付くことを回避できます。
なるべく早く掃除できるよう、家族が連続でお風呂に入ることも大切です。

掃除をする際は、浴室全体の水分を拭き取ることを意識してください。
浴槽だけ洗って、満足する人がいるのではないでしょうか。
しかし壁や床、天井にも水分は溜まっています。
特に天井は掃除しにくい場所ですし、見落とすことが多いです。
浴槽の天井も簡単に掃除できる道具が販売されているので、購入するのもおすすめです。
専用の道具があれば、浴室の掃除が短時間で終わります。
これまで時間が掛かるということを理由に、掃除しなかった人でも大丈夫ですね。

こびり付いた皮脂や汚れは、洗剤だけでは落とすことができないかもしれません。
重曹を使うのがおすすめです。
また、クエン酸を薄めて吹きかけるのも良い方法です。
洗剤以外の薬品も使い分けて、浴室を綺麗にしてください。
大切なのは、定期的に掃除をすることです。
すると大きな汚れがこびり付いて、掃除が大変になることはないでしょう。
カビが発生すると、人体に悪影響を与えることがあるので対策してください。

カビが発生しないように注意

浴室を、汚いまま放置しないでください。 皮脂が溜まった状態だと、すぐにカビが発生します。 掃除をするタイミングは、いつが最も良いのか調べましょう。 カビが好む環境を作らないことが、対策になります。 浴室は普段から意識しないと、カビの住処になってしまいます。

見逃がしやすい天井に気をつける

浴室の掃除をする際は、天井も洗いましょう。 普段は見逃がしている人が多いので、天井にカビが発生するパターンが見られます。 しかし天井は掃除しにくい部分と言われるので、専用の道具を買った方が良いと思います。 それがあれば、浴室の掃除が一気に楽になります。

洗剤を使い分けよう

いつも同じ洗剤で、浴室を洗っている人が見られます。 しかし、汚れがこびり付いて落とせない場合は洗剤を変えてください。 重曹やクエン酸スプレーがおすすめです。 ホームセンターなどで入手できるので、浴室掃除用に買っておきましょう。 洗剤を使い分けてカビの発生を抑えてください。